あやかしびと

 一言で表すなら、「――お前はな、つまらない男だ。時間を与えてやった、死ぬほど与えてやった。だのに、努力を怠り、快楽エロゲーを貪り続けた。お前に――未来はない」である。


●特異(得意)能力を駆使して戦う、いわゆる能力バトルもの。同ジャンルのヒット作『Fate/stay night』とはよく比較される。個人的には同日発売の『塵骸魔京』。

●能力バトルの作品において、主人公の能力は極めて応用が利く場合が多い。つまらない能力と思いきや、ある状況で絶大なものとして発揮されるのは王道展開。忘れ去られた古き妖の血が、時代に応じて大きく進化するのは面白い。

●かなりのボリュームを誇り、プレイ時間は相当の長さ(『Fate』よりは短い)でありつつも、各ルートに工夫を凝らした展開が用意されており飽きさせない。大半のキャラクターに魅せ場があるのは特筆すべき点。

●総じて高水準で、難点は探すほうが難しい。エンターテインメントを強く意識した大作。それは詰め込み感が溢れまくったジャンル名「学園青春恋愛伝奇バトルAVG」からも伝わってくる。

●あえて難点を述べるなら、トーニャのふわふわモードの意味が全くわからなかったこと。また姿を変えての「最終決戦」についても評価が分かれるか……。これまで武術で戦ってきた二人の決着が、その練磨してきた技とは微塵も関係のないものとなるのは。決着の選択はプレイヤーに委ねられるためお好みで。

●燃え系に属する一方、男性キャラに萌えもした。会長の萌えアピールはいい加減にしろよ……!(胸キュンしつつ) 『塵骸魔京』の峰雪綾とは声優が同じ。


 ――備考。

●三千円もしない廉価版があり、コストパフォーマンスの高さは文句なし。それでも文句を言うのであれば『propeller 燃焼系3本パック』の廉価版を推す。お得なセットのお得バージョン。

●↑は『あやかしびと』『Bullet Butlers』と、そのクロスオーバーディスク『クロノベルト』のセット。『クロノベルト』は残念な出来であることが多すぎるファンディスクにおいて、かなりの出来。前述の決着を、人間として迎えた後日談になる。

●↑の廉価版は約六千円。それはいい。本作の廉価版は約三千円。それもいいが……「DVDトールケースで省スペース、初回版、通常版を持っている人ももう一ついかがでしょうか?」はどうなのか。もう一つ買ってしまうと省スペースも何もない!

●『あやかし』と略す場合、同ジャンルに『AYAKASHI』という別作品もあり、紛らわしいので注意。口頭では「平仮名のほう」とでも補足しておきたい。PS2とPSP移植版の副題である「『幻妖異聞録』のほう」でも可。こちらは攻略対象が追加されている。


 推奨度――S。


プロフィール

Author:わたげor火山
多忙で放置しがちになってしまったブログです。久々にエロゲーやりたい。

リンクについて。
乳首シールことニプレスについて。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
好きな作品など
























美少女ゲーム売り上げランキング



ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)










対魔忍アサギ~決戦アリーナ~ オンラインゲーム 蒼の彼方のフォーリズム ダウンロード販売