CRAVE×10

 一言で表すなら、主題歌のオマケである。


●キャッチフレーズは「10人の処女を狩れ」。実際はそれ以上狩る。

●ヒロインは十人もの従姉妹たち。皆が「幼馴染み・処女・主人公に好意を寄せているっぽい」という、ご都合主義を極めたような設定。どこぞの妹姫のようだ。

●十人それぞれのキャラクターが立っているのは見事。例外なくコスプレ状態での調教シーンなど、必然性の全く感じられないバカシチュエーションも特徴の一つ。

●システム面が充実していて、ほとんど答えに直結しているヒント機能あり。ただ難易度が低いため必要性も薄い。「少し便利な機能」程度の役割。

●主題歌「Philos」がこのゲームにはもったいないほどカッコいい。『CRAVE×10』の魅力は七割強がこの曲。

●シナリオは……まあ伝奇ものとしての試みは好みだったかなと。伝奇部分をしっかり肉付けしてリメイクすれば今でも通用するのでは。

●真のエンディングに到達するためには、十人のエンディングを全て見る必要あり。一連の展開は全員ほぼ変わらないため単調。作業ゲーと言える。

●他の難点としては「説明不足が目立つ(結局なぜに死神だったの?)」「汁が多すぎる(これは趣味によるか)」――加えて、このメーカーの恒例である「調教と洗脳を勘違いしているとしか思えない」などが挙げられる。個人的には区別できているほうが好ましい。


 ――備考。

●ショップ特典のテレホンカードが無駄にバリエーション豊富だった。どれほど人気がなさそうなヒロインでもテレカ化されている。フルコンプリートは困難。

●制作したちぇりーそふとは解散している。『DOUBLE~ダブル~』とかやり込んだものだけれどな……。なお最後の作品となった『KYRIE~BLOOD ROYAL3~』も、主題歌が異常にカッコいい。曲目的でプレイするのも手ではある。


 推奨度――C。
プロフィール

Author:わたげor火山
多忙で放置しがちになってしまったブログです。久々にエロゲーやりたい。

リンクについて。
乳首シールことニプレスについて。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
好きな作品など
























美少女ゲーム売り上げランキング



ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)










対魔忍アサギ~決戦アリーナ~ オンラインゲーム 蒼の彼方のフォーリズム ダウンロード販売