DEAEDROPS

 一言で表すなら、スガショー・ショータイムである。


●『キラ☆キラ』『キラ☆キラ カーテンコール』に続く、OVERDRIVEの「青春恋愛ロックンロールADV」。主人公は海外のオーケストラで活躍する音楽家の青年。しかし楽団での居場所を失い帰国、ライブハウスに住み込みで働くことになる。そこで出会う新たな音楽とは――?(……いや、まあロックに決まっているのだが)

●過去作と異なるのは、音楽が「仕事の道」でもあり、それが大きくクローズアップされている点。主人公は音楽の世界で生きてきた人間。ヒロインたちも温度差こそあるものの、その道で生活していこうと目指す。成長物語としての傾向も強い。

●目当てのヒロイン寄りに選択肢を選べば攻略できる、オーソドックスな好感度判定タイプ。バッドエンドは存在せず、後味の悪い結末にはならない。ヒロインが死ぬことはないので安心していい。

●バッドエンドはないにしても、報われない努力とて多数。山があれば谷もあるのは当然として、山に続く山山山。ようやく谷があったと思えば奈落に叩き落される始末。それでもより高い山になお挑み続ける。芳谷律穂シナリオはそんな展開。ひたすら根性で突き進む、その愚直な姿勢は嘘臭いほどの運命を引き寄せる。

●メインヒロインのルートには過去作のキャラクターたちがゲスト登場。バンド作品ならではのラストシーンも高く評価したい。『DEARDROPS』の魅力の大半は律穂シナリオにある。

●例によってボーカル曲が十曲もあり、さすがに多い。ただ律穂シナリオを除けばエンディングで流れる程度のもの(共通部分は除外)。十曲でも足りない感があるのは贅沢か。とりわけ桜井かなでシナリオは、もう一曲か二曲は欲しかったところ。

●立ち絵の不足も気になる。服装のバリエーションが夏服と冬服の二つしかなかったり。かなでの妹、ちかが特に顕著。屋内でマフラーを巻いているのは、まあ百歩譲っていいにしても……ゴールデンウィークが過ぎてもマフラー姿なのはフォローできない。

●ヒロインはボーカルが二人に、ギターとドラムが一人ずつ。前者に比べ後者は脚本も短く扱いが数段劣る。「『DEARDROPS』の魅力の大半は律穂シナリオにある」と断じた理由はここで、後者の二人は比較対象にさえならない。かなでもDEARDROPSに属さないため除外。つまり律穂しかいない。


 ――備考。

●『キラ☆キラ』の比ではないヒロイン格差は、このゲームの不満点の一つだったのだけれど。PSP移植版では改善されている。サンプルCGを見た瞬間最初からやれよォォォォォ!と叫んだ。

音楽を題材にしている『DEARDROPS』だからこそ、楽曲には手を抜いておりません。
既存ルート+追加ルートのエンディング曲、計6曲を新たに書き下ろしました。
その中には、待望となる「DEARDROPS」ボーカルの芳谷律穂と桜井かなでのデュエットソングを収録。
二人が奏でる旋律をプレイして堪能してください。

「待望となる」って……わかっているなら最初からやれよォォォォォ! やはりツインボーカルであればデュエットは必須。

●↑に比べれば全くどうでもいいことなのだが、ストーリー紹介では「ヴァイオリン」となっているのに、作中だと「バイオリン」なのは疑問だった。対して移植版ストーリー紹介では「バイオリン」。ファンディスクでも「バイオリン」。個人的には「ヴァイオリン」派。


 推奨度――B。


OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS-
プロフィール

わたげor火山

Author:わたげor火山
多忙で放置しがちになってしまったブログです。久々にエロゲーやりたい。

リンクについて。
乳首シールことニプレスについて。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
好きな作品など
























美少女ゲーム売り上げランキング



ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)










対魔忍アサギ~決戦アリーナ~ オンラインゲーム 蒼の彼方のフォーリズム ダウンロード販売