電激ストライカー

 一言で表すなら、仮面ライダーストライカーである。


仮面ライダーストライカーとは、仮面ライダーストロンガーの能力(電撃)を持つライダーマンのことである! なんか名前も似ているな。

●「三つの章で描かれるセイギのミカタの物語」で、熱いヒーローもの。ヒーロー作品としては王道中の王道。アダルト作品としては邪道かもしれないが、大丈夫。同じ道を歩む仲間がいるよ!

●最初にプレイする零の章は全十話。続く天の章は九話で終わり、十話からミラー大佐(CV緒方恵美。歌手としても一曲担当している)主人公の空の章。天と空の章は合わせて全十二話――これは標準的な1クールアニメと同じ話数。

●ボーカル曲は五曲しかない。オープニングテーマと挿入歌(どちらもヒーロー系アニメソングそのもの)、各章のエンディングテーマが一曲ずつ。……普通に考えれば「五曲もある」なのに、OVERDRIVEはバンドものばかり出しているため基準が狂っていた。

●バトルシーンの盛り上がる場面などにアニメーションパートを導入しているため、実際アニメ作品としての見方も間違ってはいない。アニメパートの監督はワタナベシンイチさん。……ってナベシン!? ナベシンじゃないか!(作風も本人も独特すぎる名物監督)

●選択肢は三つのみ。各章は順番が決まっているため、何を選んでもテキストが少し変わる程度の差異。一応「ジャックの日記」のコンプリートには影響するものの……おまけ要素でしかなく。

●昭和ライダーのオマージュと思われる設定や展開が多い。主人公とヒロインの姓も、仮面ライダー1号からライダーマンまでの四人(本郷猛・一文字隼人・風見志郎・結城丈二)が由来か。……本当に企画者、ライダー詳しくないの?


 ――備考。

●主人公・結城ヤマトの由来でもある結城丈二=ライダーマンは、強化服によって身体能力を増幅している。昭和の他ライダーとは違い改造人間ではないために弱い。右腕が義手となっており、義手部分に各種アタッチメントを装着、用途に応じて交換しつつ戦う。――各種アタッチメント=ストライカードライブ。バイクに乗らないのは残念。

●濡れ場があるのは二人のみ。ショップ購入特典の「※特典絵柄にはゲーム本編で攻略できないキャラクターも含まれます。」は泣いていい。個人的に推すのは「にこにこ劇場・原作版パッチ」。何を隠そう、衝動買いをさせた元凶だったりする(特典のバカさに釣られた。後悔はしていないので結果オーライ)。

●発売より一年後『超電激ストライカー』がリリースされた。旧版を持っていれば追加ダウンロード版もあり。新規・追加要素はこちらを参照。もう泣かなくていい! 愛の章はヒルコ少尉がヒロインとなる物語で、鋼の章は風見リンとその姉クリエ(左腕が義手!)の物語。鋼・光の章は「本郷はるなと結ばれなかった零の章の続き」というメインヒロインいじめ。烈の章? ねえよ。


 推奨度――B(ヒーローものが好きならA)。


OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売!
プロフィール

わたげor火山

Author:わたげor火山
多忙で放置しがちになってしまったブログです。久々にエロゲーやりたい。

リンクについて。
乳首シールことニプレスについて。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
好きな作品など
























美少女ゲーム売り上げランキング



ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)










対魔忍アサギ~決戦アリーナ~ オンラインゲーム 蒼の彼方のフォーリズム ダウンロード販売