古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~

 一言で表すなら、「卵が先か、鶏が先か――結果として紅茶煮で食す。問題はない」である。


●一般的な選択肢は存在しない。ゲーム中には赤く表示される言葉が多数あり、それらはキーワードパレットに格納される。そこから適切な言葉をドラッグ&ドロップで投げかけることで、主人公や周囲の人間の運命量が変化。時に物語が分岐する。

●前述の「運命量」――これこそが悲劇のトリガーで、運命量が尽きた人物は死亡してしまう。……自分の場合、紅茶を淹れる行為が上手くできず(マウス操作ミス。言葉をドロップする場所が悪かった)失敗を重ねた結果、紅茶が淹れられないだけで死んだ。操作ミスなどではなく真に「紅茶地獄」と呼ばれる高難度ポイントも序盤に存する。

●フローマップ採用型……と言うよりはフロー前提の仕様。主人公の運命量を消費して物語を巻き戻すことができる。多用すると「運命量が枯渇→死亡→勝手に巻き戻る」の強制時間遡行が発動。多用せずとも発動しプレイヤーにストレスを抱かせる。

●セーブ&ロード機能もなし。中断(簡易セーブ。タイトル画面に戻される)は行えるものの、再開後に中断データは削除されてしまう。なんたる時代に逆行するかのような不親切さ! 総じてユーザーの快適なゲームプレイは二の次で、作り手が自慰に走りすぎた印象が強い。

●メッセージスキップは「キーワード表示時スキップを止める」が初期設定。これはオートモードと共通の仕様で、赤字が出るたび自動文字送りが解除される嫌がらせを受けた。どこまでもシステム環境で評価を下げる迷作だな! 修正パッチもあるので当てたほうがいい。

●ループものに分類できる脚本は、タイムパラドックスに焦点が当てられているのが面白い。多くの謎を「鶏と卵の関係」で説明してみせる……もとい説明放棄してみせる強引さは人を選ぶけれど。そんな言葉でも鵜呑みにせねば話が進まない。あ、これ鳥つながりのギャグです。

●ヒロインは、ほぼサキ一人と言っていい。姫野美月は第二の主人公のような立ち位置になるので除外するとして、残るサブヒロインは通過点でしかない。プレイヤーにとってのヒロインは古宮舞オンリー。

●高難度ではあるものの、ヒントを頼れば楽にはなる。最後のおまけパート「色迷曲」で舞さんの濡れ場を見るには「総取得キーワード274」「フロー完成率100%」「Hint使用回数0回」が条件。使用回数は同パートにて「全てを無かったことにする」を用いれば初期化される。キスするのに心の準備が必要と語った直後一人エッチ……するまでが限界なのかな……?」とか言い出す舞さんは、さすが常人とは違う!


 ――備考。

●良くも悪くも独特なシステムは科学アドベンチャーシリーズを思わせた。第二作『STEINS;GATE』には類似点が多く見受けられる。おまけパートのワード応答は『STEINS;GATE 変移空間のオクテット』を連想。偶然にも『変移空間のオクテット』の次に始めたゲームが本作だったもので。

●主人公は途中から声が入る。加えてCV古河徹人となればライアーソフトのパートボイスが想起された。同性愛嗜好の友人も演じられており、ファンには推奨度が上がる。……しかし二役部門なら今作のMVPは鈴音華月さんで決まりか。双子の妹に濡れ場がなくて、残 念 だ っ た な!(リエーブルマン男爵の声で)


 推奨度――A。


「古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~」2012年7月27日発売予定
プロフィール

Author:わたげor火山
多忙で放置しがちになってしまったブログです。久々にエロゲーやりたい。

リンクについて。
乳首シールことニプレスについて。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
好きな作品など
























美少女ゲーム売り上げランキング



ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)










対魔忍アサギ~決戦アリーナ~ オンラインゲーム 蒼の彼方のフォーリズム ダウンロード販売